李朝紙製眼鏡入れ

SOLD OUT

花元

朝鮮時代後期(19世紀)、長さ:15.6cm、幅:6.2cm、状態良好。
李朝の丸眼鏡を入れたケースです。
紙に漆を塗って仕上げ強度耐久性を保っていますがその味わいが見事です。
モダンな形にも大いに好感が持てます。
今であればペンケースとして鞄の中に忍ばせておいても楽しめそうな一品です。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.