木彫不動明王光背残欠(室町~江戸時代)

¥45,000(税込・送料込)

古美術栗八

高さ:約56センチ/幅:約29.5センチ
高さ56センチと比較的大きさのある光背で、飾り映え、見応え共に十分です。
不動明王像の火炎光背で、全体が大きな目と嘴、トサカに見えますね。
これは火の鳥“迦楼羅(かるら)”を現しており“迦楼羅炎”と呼ばれています。
ここまで大きくはっきりと迦楼羅炎を現した例は、この光背以外に知りませんが
仏画や仏像の不動明王像の光背(火炎)には、注意して良く見ると
この火の鳥(迦楼羅)が描かれていますので、機会があれば探してみてください。

光背には虫食いや折れ継ぎ等のダメージと補修はありますが
このままで保存鑑賞に耐えます。
どうか、よろしくお願いいたします。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.