絵粉引鉢

¥350,000(税込・送料込)

つつみ美術

李朝初期(16世紀)径18.4 高さ8.5
「粉引」は器全体(高台内含む)に白い化粧土をかけて焼かれた李朝初期の陶器で、この鉢は粉引に鉄絵を伴ったいわゆる絵粉引と呼ばれるものになります。

絵粉引を市場で見かけることは滅多に無く、もし伝世の粉引徳利などで鉄絵の描かれたものが売りに出されたとしたら、たとえ傷だらけだったとしても取引される値段は相当高額でしょう。

残念ながら発掘品のこの鉢は、内側に橙色の土錆(パティナ)が付着しており、器体側面にも小さなカセが所々見られます。

茶碗サイズでもなく、伝世もしていませんが、元々売り物がほとんど無いうえ、僅かな釉薬の傷やカセ以外は完品といえる稀な状態の絵粉引です。

所有した際の満足度は高いと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(修理屋さんに確認したところ内側のパティナは除去出来る可能性が高いそうですが、何百年も土中していた証としてあえてそのままにしてあります。)

大きさは、名刺のサイズ(9センチ)を参考にしてください。

桐箱が付属します。

※海外発送はいたしません。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.