緑釉タイルその1(オリーブグリーン)

¥10,000(税込・送料込)

gallery uchiumi

オランダ 17世紀 11.5×11.4×2.5㎝
赤褐色の素地に緑色の釉薬の掛けられた17世紀オランダの床材用のタイルです。この種の緑釉タイルでは特大、大、小のタイルを見たことがありますが、今回のものが一番小さいタイプです。
15,6世紀にはオランダ西部でこの手の素朴な陶器が作られ始めたと聞いています。今回もう一点出品するタイルに比べ、緑の色が少々オリーブ色がかっているのが特徴です。

ヨハネス・フェルメールの「ワイングラス」という絵の中にも、この種のタイルが黄色の釉薬のタイルとともに床に市松模様に配されているのが見られます。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.