くらわんか皿 5客

¥45,000(税込・送料込)

古美術川﨑

波佐見焼 江戸時代 口径13.6cm前後 高さ4.3cm前後
くらわんかとは、江戸時代に普段使いの食器として広く使われました。
江戸時代に船上で惣菜などを売る舟「くらわんか舟」で使用され、揺れる船上でも転びにくいように厚手に作られてます。
一見、初期伊万里のような肌に見えますが、伊万里焼ではなく、長崎県波佐見焼で焼かれたものが多いそうです。

くらわんか皿や碗は現代においても普段使いの器として愛好家も多く人気ですが、このくらわんか皿は少し小ぶりで見込も深く、皿としてだけでなく、向付、小碗など幅広く楽しんで頂けます。

状態も良く、見込に多少の振りものがありますが、ニュウやキズは無いと思います。1枚だけ模様が違います。(4枚は草花に丸図、1枚だけ山水に葡萄?図)

ボール紙で作られたものですが、和紙に「喰か皿」と書かれた箱が付きます。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.