染付広東形猪口 

¥16,000(税込・送料込)

古美術祥雲

江戸時代 高さ6.5㎝ 口径9㎝
やや大きめの猪口です。特に傷はありません。
上げ底の高台、口縁が反り気味の特徴的な形は、広東形と呼ばれています。
この時期に作られた広東形碗の影響と思われ、江戸後期 天明~文政頃にかけての一時期、肥前を中心に作られました。手慣れた筆致の絵付けですが、何が描かれているのでしょうか。やや肉厚で生がけの釉薬がとろりとした美しい肌合いです。口当たりもよく手に馴染む味わい深い器です。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.