黒曜石尖頭器 縄文時代

SOLD OUT

古美術祥雲

縄文時代 6㎝×2.7㎝
縄文時代以前より狩猟は採集、漁業と並ぶ大きな生業のひとつでした。
縄文時代には金属器は使われていなかったので、石器は生活に欠かせない、大切な道具だったのです。
この石器は尖頭器(せんとうき)と呼ばれ、槍先として使われたと言われています。縄文時代初期に使われた有舌尖頭器(ゆうぜつせんとうき)にもやや似ており、槍と弓矢の両方に使われた可能性もあります。
黒曜石は、火山が生み出した天然のガラスで、割れ口が鋭く加工しやすいために石器に適していました。
縄文人が削った力強く光る黒曜石を、手にとっていただけたらと思います。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.