丹波布

SOLD OUT

古美術祥雲

江戸~明治時代 木綿+絹 32㎝×36㎝
丹波布(たんばふ・たんばぬの)は庶民使いの素朴な格子縞で、静かで繊細な趣があります。

元々は産地の兵庫国佐治村の名前から「佐治木綿」と呼ばれてきました。江戸後期より始まり、幕末、明治にかけて多く織られましたが、大正時代には衰退して忘れ去られました。しかし昭和に入り柳宗悦が『日本工芸』で「丹波布」の名で紹介してから「丹波布」と呼ばれ知られるようになりました。

一見、木綿の平織の格子縞に見えますが、緯糸には木綿だけではなく屑繭から紡ぎ出した絹糸が織り込まれているのが特徴で、丹波篠山に伝わる「丹波木綿」とは別の織物です。

材料の糸は村周辺で入手された藍、コブナグサや、栗の皮、ヤマモモ、ハンノキ、キクイモ、ビワなどの樹皮などの植物によって染められました。

元々は小袖か布団布として使われてきたものと思われます。所々に穴がございますが、ご了承の上お求めください。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.