古九谷色絵鳥文変形皿

SOLD OUT

南方美術店

古九谷色絵鳥文変形皿 江戸時代前期 1640 - 1650 年代 14.3 × 15.7 cm - 高 2.8 cm
中国からの絵付けの影響が色濃い古九谷色絵磁器の変形皿です。柘榴の枝に留まっているのは山鵲( さんじゃく )か、もはやその特徴をまるで捉えていない三彩による色絵表現の下に、祥瑞手( しょんずいで )と呼ばれる独特の幾何学模様を配した絵師の妙想がユニークです。テーブルナプキンに描いたテキスタイルのための図案のようでもありますが、古九谷に独特の拗れた絵心を楽しんで頂ければ幸いです。

上絵付けの一部に剥落があります。その他口縁部に四箇所の金繕いが見られますが、丁寧な補修がされています。ニュウなどは見られず好い状態を保っています。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.