浄瑠璃寺摺仏断簡額(平安時代)

SOLD OUT

古美術栗八

摺仏断簡(紙/墨摺り)縦×横:約8.5×15.5センチ/額(木/アクリル)縦×横:約21.5×26.7センチ
京都浄瑠璃寺九体阿弥陀像中尊(国宝)の胎内より
かつて発見され市中に散逸した、平安時代にさかのぼる
我が国最古の仏版画で“百体一版”で摺られた「摺仏(すりぶつ)」と
“十二体一版”で捺された「印仏(いんぶつ)」の二種類があります。
出品の断簡は「摺仏」の約十体です。
もちろん真作(ホンモノ)の「浄瑠璃寺摺仏の断簡(平安時代)」です。
蒐集初心者の方にも、安心してご購入ください。

Copyright © kogei-seika All Rights Reserved.